本文へジャンプ

日本国内での活動

日本国内での活動

ESAは日本において、主に次のような活動を行っています。

講師派遣

講師派遣を通して、アジアの人々の生活や子どもたちの教育の現状などを伝え、貧困や人権、差別など世界の諸問題について共に考えながら、国際理解を深める機会を提供しています。

イベントなどの開催

ESAの活動を広く発信する場として、講演会を年に2回実施しています。そのほかにもチャリティコンサート、写真展、現地報告会、キャンペーンなどのイベントを開催したり、バザーへの参加などにより、ESAの活動への理解と協力を呼びかけています。



募金活動

支援者のみなさまからの支援金のほかに、「ESAテレジア募金」として学校建設や備品購入、教育費など、子どもたちの教育に関わる様々なプロジェクトを支援するためのご寄付をお願いしています。個人だけでなく、団体や企業のご協力もお待ちしています。

会報「JOY」の発行

年に3回、ESAの活動状況や現地の様子を支援者のみなさまにお知らせしています。バックナンバーをご希望の方は、事務局までご連絡ください。

 

 ★英文ニュースレターはこちらから。

 




教育教材作り

現地で行われている教育支援事業を日本から何かサポート出来ないか、と考え、2012年から教育教材作りが開始されました。学生さんや企業の皆様など、たくさんのボランティアが関わって下さっています。